屋形船には色々なタイプが存在します

簡単に乗れる船について

屋形船は使用やスタイル、タイプが色々あります。
各運営会社が取り扱っている船によって設備やタイプが異なりますし、また提供しているプランやコースがそれぞれ違います。
シンプルな船でも屋根が付いているので直射日光や雨をしのぐ事が出来ますし、横は基本的に空いている為、外の風を感じる事が出来ます。

観光船は気軽に乗れる船であり、30分から1時間ほどのコースとなっているので、短時間のクルージングを楽しみたい方に最適です。
このような船は予約をしなくても乗れる事が出来ますし、乗船場へ行くと案内をされるので、スケジュールに合わせて船に乗ると出航します。
短時間の乗船となるのでトイレが設置されていませんし、また簡素な作りの椅子が置いてあります。

安全の為にライフジャケットや救命胴衣を着て乗る事がありますし、気軽な観光船なので料金もリーズナブルです。

お食事向け船であれば雨風をしっかりとしのげます

船の中でランチを楽しみたかったり、宴会として利用したい場合は貸切船や乗合船を利用しましょう。
貸切船や乗合船には屋根や窓がついているので、しっかりと雨風をしのぐ事が出来ますし、また最近では冷暖房が完備されている船が徐々に増えつつあります。

夏場になると連日のように猛暑が続きますが、そんな猛暑の日でも快適に過ごす事が出来るので、快適にランチや宴会を楽しめます。
吹きさらしであると冬はかなり寒く感じてしまいますが、暖房が完備されているので船内は暖かいですし、また揚げたての天ぷらや熱々のお鍋を頂く事が出来ます。
屋形船で宴会コースを選ぶ場合は基本的に飲み放題プランが付きますが、お酒を沢山飲んでしまうとトイレが近くなってしまいます。

しかし屋形船にはトイレが完備されているため、お酒を沢山飲んでしまった場合でも安心です。
船に設置されているトイレといえば、外に置かれているような簡易式のトイレを想像するかもしれませんが、最近は飲食店にあるようなちゃんとしたトイレが設置されていますし、また清潔感があります。

船によってはゴージャスなウォシュレット付きのトイレがありますし、また男女別の洋式トイレがそれぞれ設置されているので、とても快適です。
このようなトイレが設置されていれば大人数の宴会でも不安なく楽しめます。

船には掘りごたつやダイニングが設置されている事もあります

宴会を行う屋形船はお座敷で懐石料理やオードブルを食べるイメージがありますが、最近ではダイニングタイプの船もあります。
船の中にはカーペットが敷かれているだけでなく、洋風の椅子やテーブルが設置されているので、まるでホテルやレストランのような雰囲気があります。

高齢者の方が集まる場合は足腰を上手く曲げられない方がいますし、また直接座ったり、正座をするのが困難な方がいますが、そのような方はダイニングタイプの船を利用しましょう。
冬の季節になればお座敷にこたつを置いてくれますし、中には最初から掘りごたつが設置されている事もあります。

コタツで温まりながら、お鍋をみんなで食べればきっと盛り上がるでしょう。
夏はダイニングタイプの船を利用したり、冬は掘りごたつの船を利用した方が良いですし、そうすれば足腰が弱い方が集まった場合でも安心です。
そして外国からゲストが来た場合も、ダイニングタイプか掘りごたつ式のどちらかを利用してみましょう。
掘りごたつは日本の伝統や文化をしっかりと伝える事が出来ますし、ダイニングタイプであれば慣れない正座をしなくて済むので、膝や足が痛くなる事はありません。

宴会クルーズやお食事クルーズは基本的に長時間となるため、快適に過ごせる為にも最適な屋形船を選んで下さい。